インターネットやアクアリウム専門誌を見ながら「どんなお魚を飼おうかな」と考えている時って、とても幸せな時間ですよね。ただ、本気で熱帯魚を初めて飼育しようと考えはじめると次第に「どんなお魚を買えばいいの?」という点に頭を悩ませることになるかもしれません。
今回は、『人気の熱帯魚』『増やせる熱帯魚』『お掃除屋さん』の3つのテーマで、それぞれ、混泳に向いているかも合わせて種類ずつご紹介します。
混泳おすすめ★★★~混泳注意は★で表示しています。

『熱帯魚を初めて飼う!』人気の6種類

これから熱帯魚飼育を始めようと考えていたり、飼育キットでの飼育から一歩進んで、初めてお魚を追加したり、初めて自分で組んだ水槽で熱帯魚飼育を始めようと考えているなら、まずは飼いやすいお魚を選ばれることをおすすめします。
熱帯魚の飼いやすさは、『病気に強く丈夫』『水質の悪化や変化に強い』などがポイントになります。そんな飼いやすさを重視して選んだ人気の6種類のお魚たちをご紹介します。

ネオンテトラ

ネオンテトラ

【混泳おすすめ度 ★★☆】

身体の横にネオンのようなメタリックブルーと鮮やかな赤のラインが特徴。入門種の定番と言えるお魚です。たくさん入れて群泳させると水槽内でとても映えます。グッピーの稚魚などを追いかけることもありますが、性格はとても温和。

ラスボラヘテロモルファ

ラスボラヘテロモルファ

【混泳おすすめ度 ★★☆】

身体の頭側半分がオレンジ、後ろ半分が黒の体色の美しいお魚です。水槽の大きさに関係なく飼育しやすい上、性格も温和、さらに人工餌でも食いつきが良いので混泳向きです。

チェリーバルブ

チェリーバルブ

【混泳おすすめ度 ★★☆】

雄は名前通り、チェリーのような赤桃色の体色ですが、雌は黄色に近いです。あまり素早く泳がずに落ち着いているので、ゆったり観賞できます。他のお魚をおいかけたりすることもほとんどありません。

ラミノーズテトラ

ラミノーズテトラ

【混泳おすすめ度 ★★☆】

胴体の少し黄色っぽいシルバーと、頭部の鮮やかな赤色のコントラストが美しいです。ネオンテトラと同じテトラ類の仲間です。体調や環境が合っていないと頭部の赤みは強く出ないので、水草が茂った水槽などで美しさの本領を発揮します。

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュ

【混泳おすすめ度 ★☆☆】

熱帯魚の代名詞ともいえるエンゼルフィッシュですが、優雅に泳ぐ姿と丈夫さでとても人気。ただし気性が少し荒く、エサが落ちてくる場所を陣取って、ボス的な存在になり他のお魚を追いかけ回すことも。小さなお魚は食べてしまうこともあります。アクアリウムショップでは小さくても、水槽サイズによっては手のひらサイズにまで育ちます。

アベニーパファー

アベニーパファー

【混泳おすすめ度 ★☆☆】

世界最小のフグといわれており、黄色い体に黒い斑点が特徴のお魚です。愛嬌のある顔立ちと可愛らしい泳ぎ方から人気のお魚ですが、こちらも少し気性が荒いため、混泳させる場合は水草などで隠れ家を作ってあげるなどの工夫が必要です。

『熱帯魚の醍醐味は繁殖にあり!』増やせる熱帯魚6種

熱帯魚を飼育するなら、一度は『繁殖』にチャレンジしてみたいもの。小さな稚魚を自分で美しく育てることは、観賞魚飼育の一つの楽しみでもあります。ここでは気軽に繁殖を楽しめる6種類のお魚たちをご紹介します。

グッピー

グッピー

【混泳おすすめ度 ★★★】

色鮮やかで大きな尾びれがポイントで、雄の方が雌よりも色や形が派手。「熱帯魚飼育はグッピーに始まり、グッピーに終わる」と言われるほど、代表的な熱帯魚です。様々な系統があり遺伝により親から子どもに色や柄、ヒレの形が引き継がれます。卵ではなく稚魚を産む卵胎生。小さな稚魚が食べられてしまわないように気をつけましょう。

プラティ

プラティ

【混泳おすすめ度 ★★★】

日本の淡水魚の『タナゴ』のような体型に、赤、黒、オレンジ、柄模様など、さまざま色彩の種類がいる、グッピーと同じ仲間の卵胎生メダカです。稚魚はグッピーよりもやや大きいですが、それでも食べられてしまうことがあるので要注意

ミッキーマウスプラティ

ミッキーマウスプラティ

【混泳おすすめ度 ★★★】

プラティの種類の一つですが、プラティの中でも圧倒的な人気。尾びれ付近にある大きな黒丸1つと小さな黒丸2つがミッキーマウスに見えます。生まれた子供も高確率でミッキー柄が現れますが、他のプラティと混ぜて飼育すると、雑種となり、柄は遺伝しにくくなります。

ブラックモーリー

ブラックモーリー

【混泳おすすめ度 ★★☆】

ガラス面などに発生する藻やコケを食べる『水槽の掃除屋』としても人気です。ただ、空腹になりすぎると水草も食べてしまったり、逆にいつもお腹がいっぱいだと苔を食べないこともあるので注意しましょう。卵胎生メダカなので、子供を生みますが、グッピーやプラティのような増え方はしない場合が多いようです。

アカヒレ

アカヒレ

【混泳おすすめ度 ★★★】

その名の通り、赤い尾びれが特徴です。以前は『コッピー』と呼ばれていたことも。丈夫で繁殖も容易。混泳向きのお魚なので、幅広いレベルの飼育者に人気です。水面近くに水草を茂らせると自然に産卵し、卵や稚魚を食べるお魚がいない環境だと、気がついたら稚魚が泳いでいた、ということもあります。

アフリカンランプアイ

アフリカンランプアイ

【混泳おすすめ度 ★★★】

目の上の青い蛍光色が特徴です。動きが活発なので群れで泳がせると水槽内が華やかになります。価格もリーズナブルで性格は温和なのも人気ポイント。捕食されやすいお魚なので、大型魚との混泳は要注意。このお魚だけで飼って、水草をたっぶり茂らせておくと、自然と繁殖することもありますが、アカヒレに比べると繁殖の難易度は高めです。

『見ているだけでも癒やされる!』お掃除してくれるお魚5種

熱帯魚を飼育していると、コケの発生や水の汚れは気になるもの。コケそのものを食べてくれたり、汚れの原因になるエサの食べ残しを食べてくれたりする生き物を入れていると、水槽内の環境維持にプラスになります。見ているだけでも仕草に癒やされる、人気のお掃除屋さんをご紹介します。

コリドラス

コリドラス

【混泳おすすめ度 ★★★】

熱帯魚好きの間では有名なお魚です。ネオンテトラなどの人気魚との混泳が容易なのも人気の理由です。正面から見た時の表情が愛らしく、『水槽の掃除屋』の役目も果たしてくれます。種類も非常に多く、コリドラスだけを集めて飼育する愛好者もいます。

オトシンクルス

オトシンクルス

【混泳おすすめ度 ★★★】

『水槽の掃除屋』ですが、コケは食べても水草は食べない点、大人しい性格でさまざまなお魚と混泳させられる点が人気です。ナマズの仲間で、吸盤の形をした口の愛らしさも人気ポイント。ガラス面や葉っぱのコケを食べてくれますが、コケがなくなるとエサ不足にあるので、専用のエサを用意しておくと安心。

アルジーイーター

アルジーイーター

【混泳おすすめ度 ★★☆】

オトシンクルスと同じようにコケを食べますが、その食欲は非常に旺盛。流木や岩についたコケもゴシゴシ削ぎ落とすように食べてくれます。しかし、速いスピードで泳ぎ回ったり、平らなお魚に吸い付いたりすることもあるので、水槽内での暴れん坊になることも。
※写真はゴールデンアルジーイーターです

クーリーローチ

クーリーローチ

【混泳おすすめ度 ★★★】

細長い体に縦に黄色っぽい色のストライプ模様が入っています。形の通りドジョウの仲間で、性格は温和。驚いたり、落ち着かない環境だと底砂に潜ることもあります。『水槽の掃除屋』として水槽にいることが多いです。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

【混泳おすすめ度 ★★★】

お魚ではないですが、ヤマトヌマエビはコケの中でも、水草につく細かい糸状のコケなどを食べてくれる頼もしい存在。残飯や砂の周りのコケも食べてくれるので、水槽には必ず居てほしい、名脇役です。お魚や他の生き物を攻撃することもありません。

熱帯魚といえばカラフルで美しい『水槽映え』するお魚が人気ですが、はじめての方向き、あるいは混泳向きなど、飼育する方の慣れ具合や目的によって水槽に迎えるお魚は変わってくるかと思います。
お魚も水草も生き物ですから、より長く元気に一緒に過ごすことができるよう、最低限の知識や設備を準備した上で熱帯魚飼育を楽しんでいきましょう!