夏場の酸欠防止を

夏場の酸欠防止を

ジェックス株式会社

サイト内検索

BLOG MENU

夏場の酸欠防止を


■夏の水温上昇で起きること

夏場の水温上昇は観賞魚飼育ではとても気になることです。水温が30℃を超え35℃くらいになると、水中生物によっては死んでしまうものも出てきます。では生き物たちが「温度」に弱いのか、というと必ずしもそうではありません。もちろん、高水温自体に弱い生き物もいますが、高い水温環境の中で変化「酸素量」が生き物たちに影響を与えることが多いのです。

■溶存酸素飽和度
水に溶け込む気体の量は決まっていて、その量は水の温度(水温)により変化します。水温が高くなるほど、水中に溶け込む酸素の量の限界(飽和度)は下がっていきます。つまり、水温が高いほど魚や生き物にとっては厳しい環境になっていきます。その少ない酸素を魚をはじめ水中の生き物がたちが奪い合うことになります。水温20℃と35℃を比べると、水温35℃では溶け込む酸素の量はなんと約2割も減ってしまいます。


■水温が上がると生き物の活性は高くなる
もう一つ重要なことは、水温が高くなると魚をはじめ多くの生き物の活性が上がる(より元気になる)ことです。活発になることでより酸素を消費することになり、結果、溶け込む酸素量は減り、消費する酸素量は増える、という環境になっていきます。

魚の養殖場などでは最大限の酸素量を維持するために常に水を動かしたりします。水槽のように大規模なエアレーションは難しいので、水面を撹拌してとにかく水面を動かして酸素を溶け込ませているのです。水中の酸素は魚だけなく、ほぼすべての生き物、そしてバクテリアたちも消費します。酸素が如何に重要か、ということがわかります。

■水槽でできること、しなければいけないこと
もし今ある水槽でエアーポンプを使っていなければ、夏場だけでもエアーポンプを追加することは酸欠防止にとても役立つでしょう。エアーポンプをつなぐフィルター(ロカボーイなど)を使っている水槽も、もう一つエアストーンを追加することで、効率よく酸素を供給することができます。
暑い夏にはエアーストーンをプラス。お魚たちにも快適な環境にになるはずです。


■おすすめエアーストーン
ベストバイオエアーは高圧縮製法でつくった細かい泡の出るエアーストーン。しかも、業界初の「ろ過バクテリア封入」タイプ。酸素と相性のいいバクテリアを予め封入することで、酸素供給とともに水の汚れも解消します。

商品について詳しくははこちらから
 

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook

関連情報

  1. 金魚元気
    金魚元気
    ブランドサイト
  2. お悩み解決!~バックスクリーンの貼り方について~
    ブログ
  3. 白にごりなんて怖くない!
    白にごりなんて怖くない! 第2章 白にごりを解決するには
    ブログ
  4. 金魚元気
    金魚の餌選びのポイント
    飼育情報
  5. 金魚元気
    金魚とメダカ、一緒に飼えますか?
    飼育情報
  6. 金魚元気
    金魚飼育に照明器具は必要?
    飼育情報

このページを見ている人はこのページを見ています

  1. え?実は…白ニゴリの発生の3大要因とその対策を解説!!
    ブログ
  2. 【魚の病気】~転覆病について~
    ブログ
  3. 【ベストな水づくり】水が白く濁る原因…原因がわかれば対処ができる
    ブログ

新着情報

  1. 寒くなったらヒーターで冬支度キャンペーン
    クイズに答えて当たる! 寒くなったらヒーターで冬支度キャンペーン
    キャンペーン
  2. フィルターを買ってギフト券を当てよう
    フィルター買い替え応援キャンペーン
    キャンペーン
  3. 【Instagram & Twitter限定】おうちアクアリウムを楽しもう キャンペーン
    キャンペーン