爬虫類 両生類 飼育用品 エキゾ テラ ジェックス株式会社

EXOTERRA

サイト内検索

爬虫類ブランド“エキゾ テラ”HOME > リクガメの飼い方

Tortoiseリクガメの飼い方

リクガメとは

世界各地の熱帯から温帯地域に広く分布しています。
歴史も古く、最古のカメは約2億年前から生息しています。
ほとんどの種類が甲長(甲羅の長さ)20cm以上(ケヅメリクガメで最大70cm)になるので、広いスペースが必要になります。
とても長生きで、上手に飼えば30〜50年は生きます。

和名 リクガメ
分布 アフリカ大陸、ヨーロッパ、
アジア、北米、中南米など
  • リクガメと楽しく暮らすために!
  • 飼育に必要なもの

リクガメと楽しく暮らすために!

リクガメの体を知ろう

他の爬虫類との違いは甲羅があることです。

画像を左右にスワイプしてご覧ください

ヒョウモントカゲモドキの体を知ろうヒョウモントカゲモドキの体を知ろう

主な種類

  • ケヅメリクガメ
    ケヅメリクガメ

    甲長が最大約70cmになる大型の種類です。

  • ホシガメ
    ホシガメ

    盛り上がった形と、 きれいな模様が特長です。

  • ヘルマンリクガメ
    ヘルマンリクガメ

    甲長は約20cm前後、小型で丈夫です。

  • アカアシガメ
    アカアシガメ

    四肢と頭部にオレンジや赤色の斑点があります。上から見るとひょうたん型です。

  • ヒョウモンリクガメ
    ヒョウモンリクガメ

    豹柄が特長です。成長すると甲長が約40〜70cmになります。

  • ギリシャリクガメ
    ギリシャリクガメ

    ギリシャモザイクのような模様がある人気種です。

  • ロシアリクガメ
    ロシアリクガメ

    ホルスフィールドリクガメ、ヨツユビリクガメとも呼ばれます。

他にもパンケーキリクガメ、セオレガメなど多くの種類がいます。

こんな場合は…

こんな場合は…こんな場合は…
こんな場合は…こんな場合は…

※パネルタイプヒーターは白熱球の設置側に設置してください。

  • 肺炎の恐れもあるので、ケージ内の温度を確認してください。
    温度が低いようなら、設定温度をあげる、W数の高いランプに変更する、パネルヒーターの位置を確認するなどしてケージ内全体を暖めてください。
  • ロシアリクガメ

    ※パネルタイプヒーターは白熱球の設置側に設置してください。

こんな症状の他、少しでもおかしいと感じたら爬虫類を診てくれる動物病院へ連れて行きましょう。早目に連れて行くことで症状も早く回復します。1日でも長く一緒に暮らせるように、毎日、変わった所はないかしっかりチェックしましょう。

飼育に必要なもの

[ディスプレイ例]
グラステラリウム4545(幅45cmタイプ)
甲長目安:10cm以下

画像を左右にスワイプしてご覧ください

飼育に必要なもの ケージ 有効紫外線 ライティング 温度・湿度計 ヒーター アクセサリー・シェルター えさ・飲み水 水飲み皿 床材 お手入れ用品
飼育に必要なもの ケージ 有効紫外線 ライティング 温度・湿度計 ヒーター アクセサリー・シェルター 水飲み皿 床材

えさ・飲み水
お手入れ用品

※生体の種類によって飼育方法、必要な用品などは異なります。必ず購入したショップで詳しい飼育方法を確認してください。

ケージ

お手入れ、お世話がしやすいフロントドア・ガラス製のケージが便利です。
リクガメは大きくなるので初めから大きめのケージを用意してあげてください。
甲長の約4-5 倍の大きさが必要です。

ケージ
  • [ディスプレイ例]グラステラリウム6045(幅60cm タイプ)甲長目安:10〜15cm
    [ディスプレイ例]
    グラステラリウム6045(幅60cm タイプ)
    甲長目安:10〜15cm
  • [ディスプレイ例]グラステラリウム9045(幅90cm タイプ)甲長目安:15~20cm
    [ディスプレイ例]
    グラステラリウム9045(幅90cm タイプ)
    甲長目安:15~20cm
有効紫外線

自然界では日光浴をすることによって紫外線(UVB)を浴びてビタミンD3を合成して骨格を形成しています。飼育下でも紫外線(UVB)が照射できる蛍光ランプを設置し、1日12時間は紫外線(UVB)が浴びられる環境を作ってあげましょう。
たまには庭やベランダなどに出して、自然光での日光浴をさせてあげてください。外敵に襲われたり脱走しない場所で行なってください。

紫外線ランプ照射器具:コンパクトトップ、ライトドーム
紫外線ランプ:ナチュラルライ卜とレプタイルUVB100もしくは、UVB150の併用がオススメ

  • コンパクトトップコンパクトトップ
  • レプタイルUVBレプタイルUVB
  • ナチュラルライトナチュラルライト
コンパクトトップ
ライティング

自然光に近い光を設置することでリクガメの成長、活動環境を整えます。リクガメにはケ一ジ内の空気全体を暖めてあげることが大切です。バスキングスポットを作るためにもランプは必要です。熱源となるランプ器具は、ケージの上部もしくは内部上辺に設置してください。
生体に近すぎると目に悪影響を与えたり、火傷の可能性があるので注意してください。

白熱球照射器具:ライトドーム(ライトスタンド)
白熱球:昼間はソーラーグローUV・サングロー、夜間はヒートグローがオススメ

  • ライトドーム十ライトスタンドライトドーム十
    ライトスタンド
  • ソーラーグローUVソーラーグロー
    UV
  • サングロータイトビームバスキングスポットランプサングロータイト
    ビームバスキング
    スポットランプ
  • サングローバスキングスポットランプサングロー
    バスキング
    スポットランプ
  • ヒートグローヒートグロー
温度・湿度計

リクガメに快適な環境が作れているか定期的にチェックが必要です。

設定温度・湿度
デジタル温湿度計※メモリー機能付
デジタル温湿度計
※メモリー機能付
  • アナログ温度計アナログ温度計
  • アナログ湿度計アナログ湿度計
ヒーター

パネルタイプのヒータ一をケージの底に設置してください。ケージの1/ 3〜1 /2サイズの物を用意し、その上にシェルターを設置してください。
タイマーサーモを使用すれば、昼夜の2段階温度管理ができ便利です。

ヒーター

※パネルタイプヒーターは白熱球の設置側に設置してください。

アクセサリー・シェルター

リクガメが隠れることのできるシェルター(甲羅がすっぽり入るサイズ)を用意してあげてください。
クールダウンや紫外線回避、ストレス回避のためにも隠れたり、落ち着ける場所を作ってあげてください。

えさ・飲み水

基本的に草食性です。野菜や野草を与えてください。市販のリクガメ専用フードは栄養バランスを考えて作られているので便利です。
人工フード以外を与える場合や栄養のかたよりの回避、骨・甲羅の形成のためにもビタミン類やカルシウム等のミネラル類は必要です。
飲み水にカルシウムチャージやイオンチャージを入れることで簡単に成長に必要な成分を補うことができます。

えさ・飲み水
  • リクガメの栄養バランスフードリクガメの
    栄養バランスフード
  • マルチビタミンマルチビタミン
  • カルシウムカルシウム
  • カルシウムチャージカルシウムチャージ
  • イオンチャージイオンチャージ
  • ベジブレンドベジブレンド
  • ハーバルブレンドハーバルブレンド
  • えさ・飲み水
えさ皿・水飲み皿

食べやすく、ひっくり返しにくい安定した皿がオススメです。水飲み皿は体が入れるような大きさがベターです。
食べ残しがある時は、すぐに処分してください。皿は毎日洗って清潔にしてあげてください。
水も毎日交換して、キレイな水を常に用意してあげてください。

  • フィーディングディッシュフィーディング
    ディッシュ
  • ウォーターディッシュウォーターディッシュ
床材

掃除しやすく、フンも見えやすいものがおすすめです。
フンなどの排泄物は毎日取り除き、キレイに保ってあげましょう。
また、定期的に床材は交換しましょう。

  • デザートサンドデザートサンド
  • フォレストバークフォレストバーク
  • ナノスコップナノスコップ
お手入れ用品

オーナメントやえさ皿·水飲み皿の有機物による汚れや、ガラスケージについたカルシウム・石灰汚れをきれいに落とすことができます。フン・生き餌など気になるニオイを分解して消臭する消臭剤も使用して快適な環境に。爬虫類専用なので安心です。

  • ガラスケージクリーナーガラスケージ
    クリーナー
  • ディッシュクリーナーディッシュ
    クリーナー
  • テラリウムデオテラリウム
    デオ

ページの内容をPDFでダウンロード
※PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Readerが必要です。

  • ペットは最後まで責任を持って飼育しましょう。ペットは最後まで責任を持って飼育しましょう。
  • 生き物を触った後は必ず手を洗いましょう。生き物を触った後は必ず手を洗いましょう。