自然な景観を再現できる! 爬虫類が映えるナチュラルカラー


デザートベース
爬虫類を飼育するのにあたって、床材選びに悩んだりしませんか?
飼育している爬虫類が生える色目や見た目の色目、床材の粒サイズだったり。と。

床材選びの一つの色目、デザートベースは明るめのナチュラルカラーの床材です。
しかも細目と粗目の2タイプなので、生体の大きさに合わせて選ぶことも可能です。
もちろん、細目と粗目を合わせて使うことで、手軽に手の込んだレイアウトも可能です!

 デザートベースは「細目」と「粗目」の2タイプ

細目はフンとまとまって固まりやすく、毎日のお掃除が簡単で小型の爬虫類におすすめです。
粗目は崩れにくく、飛び散りにくいので体の大きな生体にも最適です。

   
<細目>                                                   <粗目>

細目はフンが一緒にまとまるので、汚れた部分だけ取り出しやすく、少しずつ交換できるため、生体に環境変化の負担を与えません。

粗目は崩れにくく、飛び散りにくい粗目タイプなので、体の大きな生体にもご使用いただけます。

 

通水性・通気性が良い天然土

乾燥地帯の植物の育成にも 通水性・通気性がよい天然土なので、砂漠から亜熱帯地域に棲息する爬虫類に最適な床材です。 
ナチュラルカラーで自然な景観を再現します。

色の変化で湿り具合がひと目でわかる

色の変化で湿り具合がひと目でわかり、湿度管理しやすいのも特徴です。
乾燥していると明るい茶色、湿らせると暗い茶色になるので、床材の湿り具合がひと目でわかり、湿度管理の目安になります。 

湿度が保てているか見て分かりやすいので湿度管理の目安にも便利です。

 

レイアウトイメージ

100%天然の土なので乾燥地帯の植物の育成にも適しています。 

「デザートベース細目」「デザートベース粗目」と組み合わせて使うことで、より自然なレイアウトが作れます。

細目と粗目を組合せたレイアウトに大粒の石を配置することで、自然な景観を作り出すことも可能に。
   

レイアウトに馴染みやすい外観、色目にもこだわったデザートベース。
ぜひ、爬虫類の生息環境を再現した自然のレイアウトにチャレンジしてみませんか。