ハムスターの飼い方

ハムスターの飼い方

ジェックス株式会社

サイト内検索

BREED MENU

ハムスターの飼い方

毎日のお世話

ハムスターは夜行性、あるいは薄明薄暮性(明け方や夕方の薄暗い時間帯に活動)なので、昼間の明るい時間帯は寝ていることが多いです。

飼い主さんの生活リズムにもよりますが、そのことを意識しながらお世話をしてあげると良いでしょう。

昼間お仕事をされている方であれば丁度おうちに帰った頃に動き出してくれるかもしれませんね。

飲み水の交換

ずっと交換しないと雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

毎日交換して、残っている水の量もチェックしましょう。

急に水が減っているときや、いつ見てもほとんど水が減っていないときは要注意。

いつもに比べて急に減っている→給水器からポタポタ水漏れしていないか注意してみてください。ボトル内の水が少なすぎたり、給水器が傾いていることが原因の場合もあります。しっかりと取り付けて、水漏れがないか見てみましょう。

ほとんど減っていない→水が出てきていない、または水の飲み方がわからなくて飲めていないという可能性があります。

給水器の先端を押して水が出てきているか、きちんと給水器から飲もうとしているか、様子を見てあげてください。

給水器の中に空気が入って一時的に水が出てこないこともありますので、お水を交換した後は水が出るかしっかりと確認してから給水器を取り付けてあげましょう。

さらに詳しく知りたい方はこちらへ!

フードの交換

 

フードは毎日決まった時間に決まった量を与えましょう。

量はフードの裏面などに書いてある量を参考にしてください。

ハムスターは頬袋にフードを入れて巣に持ち帰る習性がありますので、なくなってしまったからと言って追加せず、決まった量をあげましょう。

巣に持ち帰ったフードはそのまま放置するとカビが生えたり傷むことがあるので、床材の掃除などに合わせて定期的に捨てるようにしましょう。

トイレのお掃除

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターは決まった所でオシッコをすることが多いので、トイレを使えばお掃除がカンタンになります。

水を吸うと固まるタイプの砂であれば固まった部分だけを捨て、減った分だけ砂を足してあげましょう。

一度にするオシッコの量は少ないですが、お掃除をサボって溜まってくるとだんだん臭いがキツくなってきます。

しばらく掃除をサボった結果、固まる砂がオシッコを吸ってトイレにくっつき、臭いも大変なことに…(経験者談)となる前に、毎日少しずつお世話してあげましょう。

床材のお掃除

オシッコはトイレを覚えてくれますが、ウンチは色々なところでします。

強い臭いがするようなウンチではありませんが、どんどん溜まってしまいますので1週間に1回程度、ケージのお掃除をしてあげましょう。

ウンチ、床材、巣の中に貯め込んだフードなどを捨て、ケージに汚れが付いているようであれば軽く水洗いしてもいいでしょう。

よく乾かしてから新しい床材を入れ、お掃除の前と同じようにハウスやホイールを置けばおしまいです。

ハムスターはニオイで縄張りを確認しているので、古い床材を少し残しておいてお掃除のあとに戻してあげると安心しますよ。

慣れれば30分程度で終わるお世話なので、曜日と時間を決めて、毎週しっかりやるようにしましょう。

キレイになったケージで走り回るハムスターの姿はカワイイですよ💖

このページをシェアする

  • Twitter
  • Facebook

関連情報

  1. コトリウム快適ぐっすりカバー
    ブログ
  2. 小動物用ヒーターって必要?種類や使い方をご紹介
    ブログ
  3. スマートルームクリア フォトコレクション
    ブログ
  4. 舞い散る毛を集める「エアグルーム」
    ブログ
  5. うさぎが飲みやすい給水器「ドリンクボウルラビット」
    ブログ
  6. アクリルルーム390Highで丸見え!アクリルライフ!
    ブログ

このページを見ている人はこのページを見ています

  1. うさぎの健康チェック
    うさぎの健康チェック
    飼育情報
  2. うさぎの種類
    うさぎの種類
    飼育情報
  3. ハムスターの種類(ゴールデンハムスター)
    飼育情報

新着情報

  1. コトリウム快適ぐっすりカバー
    ブログ
  2. 小動物用ヒーターって必要?種類や使い方をご紹介
    ブログ
  3. 食欲の秋「彩食健美オリジナルバック」プレゼントキャンペーン
    食欲の秋「彩食健美オリジナルトートバック」プレゼントキャンペーン
    キャンペーン