TOP > おすすめレシピ >鰹の納豆のせ

鰹の納豆のせ

ネコちゃん用

鰹の納豆のせ

調理時間調理時間 10分

鰹の納豆のせ

旬の鰹をメインに、タンパク質等をエネルギーにかえる助けをしてくれる納豆や、滋養強壮に役立つ山芋をのせた、簡単、元気もりもりレシピです。食材の力を借りて、夏の間にたまった疲れを吹き飛ばしましょう。トッピングしたしらすが、猫さんの食欲をますますそそってくれるはずです。(材料は、猫体重4キロのコの1食分です)

全年齢対応 /食事 /カンタンレシピ

<材料>(1食分)

鰹(お刺身用)   50g
ほたて貝柱   10g
ひきわり納豆   1/3パック
山芋   5g
おくら   5g
しらす   ひとつまみ

<レシピ提供>

<作り方>

step1.png

ほたて貝柱とおくらを茹でて、粗熱をとる。

step2.png

ほたて貝柱、おくら、山芋を、食べやすい大きさに切り、 ひきわり納豆と混ぜあわせる。

step3.png

お刺身用の鰹を、食べやすい大きさに切って、器に盛る。

step4.png

鰹の上に、2.の納豆を盛る。

step5.png

ひとつまみのしらすをのせて、出来上がり。

ご家族様用には、そのままで、お酒の肴としてもお楽しみいただけますが、炊きたてごはんの上に、豪快に盛り付けていただき、鰹納豆丼として召し上がっていただくのもおすすめです。

<栄養ポイント>

鰹には、体そのものを作るために欠かせないタンパク質がたっぷり含まれています。
また、赤血球の生成を促すビタミンB12、脳神経の働きを助け、さらに血行を良くしてくれるナイアシン、猫さんに必須とされるタウリンも豊富です。
タウリンは、肝臓の機能を高める効果があるだけでなく、交感神経を抑制し、また、高血圧の予防にも役立ちます。
これらの栄養素は、血合いの部分に特に多く含まれていますので、捨てずに使いましょう。

ほたて貝柱はタウリンの他、亜鉛も豊富な食材です。
亜鉛には、新陳代謝を促す効果があります。
脂質が少ないほたては、ダイエット挑戦中の猫さんにもおすすめです。

納豆に含まれるナットウキナーゼは、血液をさらさらにする効果が認められています。
豊富に含まれるビタミンB2は、炭水化物、脂質、タンパク質をエネルギーにかえるためのサポートをしてくれます。

昔から滋養強壮に役立つと言われる山芋は疲労回復のために働いてくれます。
ねばねば成分のムチンは、胃の粘膜を保護してくれる他、たんぱく質の消化を促し、さらに、たんぱく質の吸収も助けてくれます。

オクラのぬめりの成分のひとつであるペクチンは整腸作用を促してくれますので、便秘気味の猫さんにもおすすめです。
余分な塩分を排泄してくれるカリウムもたっぷりです。

印刷する

おいしそう

コメント

投稿する キャンセル