観賞魚 小動物 犬 猫 爬虫類 飼育用品 ジェックス株式会社

ジェックス株式会社

サイト内検索

トップ > GEX Aquarium Time > サカマキガイの駆除が大変だ~!

GEX Aquarium Time

サカマキガイの駆除が大変だ~!

アクア製品紹介

2016年10月14日 18:25

熱帯魚やメダカを飼育していて、いつのまにか購入した覚えのない巻貝がいるという経験はございませんか?

数匹程度だからコケ取りしてくれると思うし大丈夫!と思っていると、気付いた時には無数の巻貝が水槽ガラス面をウヨウヨ・・・。
コケも除去せず、水草をがじがじがじ・・・な~んてことになってしまいます。
観賞的にも見栄えの悪い水槽になってしまいますので、可哀そうですが駆除しちゃいましょう!


水槽内で発生する巻貝の多くは「サカマキガイ」という小型巻貝で、成長しても1cm程度にしかなりません。
何と!このサカマキガイは雌雄同体で1匹でも繁殖できるすごく厄介な巻貝なんです・・・。
また、サカマキガイは水面下を逆さまで移動できる術を持ち、空気中でも呼吸ができるので行動範囲が広く、すごい生命力の持主なんです。

(サカマキガイの写真)

サカマキガイ等の巻貝が水槽内にどうやって入り込んでいるかというと・・・、購入した水草と一緒に入り込むことが多いようです。
大人の巻貝が購入した水草にくっついていれば手で取り除けますが、稚貝や卵が付着している場合は、気付かずにそのまま水槽内に
入り込んでしまい、成長してから初めて気付くこととなります。
100%取り除くことは難しいかもしれませんが、購入した水草は必ず水でよく洗いましょう。

※卵はゼリー状の卵のうに包まれており、1つの卵のうに10個以上の卵が入っています。
  摘まむと卵のうが崩れてしまうので、見つけた場合は目の細かい網で掬うように取り除いた方が卵のうが崩れず卵が散らばりません。

(卵のうの写真 多くの卵が見えます)

※体長1~2cm程度の「モノアラガイ」「ヒラマキミズマイマイ」といった種類の巻貝もサカマキガイ同様、繁殖しやすいので注意しましょう。


水槽内で1度大量発生すると完全に駆除するには、水槽をオールリセット。そして水草はすべて破棄ということになります。
それでもオールリセットは大変だし、水草は破棄したくない!という方には、「貝と~る」という製品がおススメです。
「貝と~る」は巻貝が好む原料を数種類組み合わせることで、巻貝を誘引し、捕獲します。
付属の「誘引の素」は日本貝類学会でも発表された驚異の誘引性を発揮します!
 
それでは「貝と~る」を使ってみましょう!
 
「貝と~る」は「貝と~る本体」「誘引の素」「テグス」が付属されています。


フードケースに「誘引の素」を詰めます。


本体を水に沈めた状態で2~3回振って内部の空気を抜いてから沈めます。
テグスを取付けることで、引き上げる際に便利です。


沈めたらライトを消しましょう。さて、翌朝獲れているのでしょうか!?
※巻貝は夜行性のものが多いため、夜水槽内に入れて翌朝引き上げる方法が効果的です。

翌朝、引き上げると分かりづらいかもしれませんが、約10個程のサカマキガイが捕獲できました\(^o^)/


水槽内をかき回さず、簡単に獲れるのがいいですね♪
サカマキガイが発生した時、「貝と~る」おススメです!

​【「貝と~る」使用時のアドバイス】
・使用する水槽の条件や巻貝の発生条件によって「貝と~る」を複数個利用してください。
・「誘引の素」は1日に1度交換してください。そのまま放置すると「誘引の素」が溶けて水が濁ったりします。
・製品の構造上、魚などの生体が入って出られなくなる場合があります。中に入って出られなくなるサイズの生体がいる水槽には使用しないでください。
・貝の種類によっては誘引効果が弱いものがあります。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

17/57

最近の記事

ジェックス本体サイト