観賞魚サイトHOME > WEBマガジン ジェクシースタイル > ジェクシースタイル VOL.13 > 第1章 白にごりについて知ろう

お魚飼育コラム ジェクシースタイル

白にごりなんて怖くない!

第1章 白にごりについて知ろう 第2章 白にごりを解決するには 第3章 魚への影響

第1章  白にごりについて知ろう

上の写真のような状態を一般的に「白にごり」といいます。
白にごりが発生する条件については、実は詳しくはわかっておらず、原因不明というのが現状です。しかし白にごりが起こりやすいケースとして、以下の3つが挙げられます。

①水槽立ち上げ時や、水換えを行った後
②ろ材、砂利をきれいに洗った、もしくは新しいろ材、砂利に入れ替えた後
③水換えせず、ろ材が目詰まりしている状態
(アンモニア分の上昇、エサの与え過ぎ)

※③では茶色くにごるケースもあるのですが、目詰まりしてろ過バクテリアが減少した時に白くにごる場合があります。

特に①で生じることが多いのですが、共通して言えることは
「ろ過バクテリア」が少ない時に起きていることが考えられます。

ろ過バクテリアは、魚の糞や餌の食べ残しなどが腐敗して発生するアンモニアを、まずは亜硝酸塩に分解します。さらには亜硝酸塩を毒性の低い硝酸塩に分解してくれる熱帯魚飼育には欠かせないバクテリア達の総称のことです。

ただ、ろ過バクテリアが少ない時に、白にごりが起こりやすいのですがすべての水槽に起こるわけではありません。例えば2台の水槽を同じ条件(水、使用器具など)で立ち上げても1台のみ白にごりが発生するということもあります。

なぜ白くにごって見えるの?

主な原因

ろ過バクテリアが少ないと、(左図)③の有機物をうまく分解することができずににごりの原因となります。
もちろん3つが複合して発生している場合がありますが、いずれも目で見て確認できるようなものではありません。

(左図)①の微生物がどういう条件で、ろ過バクテリアに代わって短期間に大量発生するかは現在わかっていません。
※発生した微生物や有機物が生体に影響を与えることはありません。

    NEXT