top > 金魚マメ知識 > 金魚の種類

金魚マメ知識金魚の種類

金魚は100種類以上もいると言われています。 ここでは比較的よく見かける金魚(ホームセンターなどでも入手しやすいもの)を抜粋して紹介します。

ワキン形

金魚すくいでもおなじみの、とても長い歴史をもつ金魚の元祖です。和金という名前でありながら、中国出身。色々な金魚の中でも最も丈夫で、大きく成長し、中には10年以上長生きする個体もいます。
●大きさ2.0cm(小赤下)〜15cm(中和金)

和金(ワキン)

三色出目金と和金の交配で、キャリコ(まだら模様)が特徴です。体がスマートで、長い尾びれ(吹き流し尾と呼ばれるもの)が優雅なので、人気の高い金魚です。
●大きさ7.0cm(小朱文)〜25cm(三才朱文)

朱文金(シュブンキン)

アメリカ生まれで、和金と朱文金をかけあわせて作られた金魚です。泳ぎが早く、長いヒレをなびかせて泳ぐ姿がコメット(彗星)に似ていることから、この名前がつきました。
●大きさ7.0cm(小コメット)〜25cm(三才コメット)

コメット

リュウキン形

体が丸と三角形の中間ようなぷっくりとした形で、美しく優雅なヒレとのバランスで、人気の高い金魚です。中国から琉球(沖縄)を経由して入ってきたため、この名前がついたそうです。
●大きさ5.5cm(小琉)〜18cm(三才琉金)

琉金(リュウキン)

黒出目金と赤出目金、三色出目金があり、名前のとおり大きく飛び出した目が特徴です。原種は赤出目金で、黒と三色は突然変異で生まれたと言われています。
●大きさ5.5cm(小出目)〜18cm(三才出目)

出目金(でめきん)

三色出目金と琉金のかけ合わせで誕生した金魚です。姿はリュウキンですが、色がまだら模様(キャリコ)で、明治45年、アメリカ人の依頼によって、千葉県の養魚家が作り出した日本品種です。
●大きさ5.5cm(小キャリコ)〜18cm(三才キャリコ)

キャリコ(キャリコ琉金)

リュウキンの突然変異という説があり、頭に肉瘤と呼ばれる美しい脂肪がついているのが特徴です。中国産の金魚ですが、外国産ということを表してこの名がついたそうです。
●大きさ6.0cm(小オランダ)〜18cm(三才オランダ)

和蘭獅子頭(オランダシシガシラ)

体型はオランダシシガシラに似ていますが、頭のコブが丹頂鶴のように赤く、ほかは白色です。中国金魚で、もともとの名前は「紅帽子」といいます。
●大きさ6.0cm(小丹頂)〜18cm(大丹頂)

丹頂(タンチョウ)

ランチュウ形

江戸時代に中国から渡来してきた、今や全国に愛好家を持つ「金魚の王様」と言われるものです。和金からの突然変異で、背びれがないのが特徴。光沢が美しく、小判型のまるっこい形が人気のひみつです。
●大きさ5.5cm(小ランチュウ)〜15cm(三才ランチュウ)

ランチュウ

眼の下にある大きな袋には体液(リンパ液)が詰まっており、ユニークながら、とってもデリケート。一度しぼんでしまうと二度と元には戻りません。同居の金魚に注意が必要です。
●大きさ7.0cm(小水泡眼)〜11cm(大水泡目)

水泡眼(スイホウガン)

その他

その名の通り体型がピンポン球のように丸く、とてもかわいい金魚です。丸い体型と独特のウロコの形状がゆえにデリケートで、病気やケガをしやすく、金魚の中でも飼育はやや難易度が高いと言えます。
●大きさ3.0cm(小パール)〜8.0cm(三才パール)

ピンポンパール
  • キャンペーン一覧
  • 観賞魚情報ページ
  • アクアリウムリラクゼーション