top > 金魚マメ知識 > 金魚すくいのコツ

金魚マメ知識金魚すくいのコツ

日本の夏と言えば、夏祭り。わたがしやリンゴあめ、わなげや射的など、ずらりと屋台が並んだ縁日に胸がおどりますね。中でも特に夏らしい気分を盛り上げてくれるものといえば・・・そう、「金魚すくい」。友だちと、すくった金魚の数を競い合ってよろこんだり、くやしがったり・・・連れて帰った金魚とともに夏休みを過ごしたり・・・大人も子供も夢中にさせてくれる金魚すくい。みなさんには、どんな思い出がありますか?さて、このページでは、金魚すくいのちょったしたコツをご紹介します。

金魚すくいのコツ

金魚をすくう前に

金魚をすくう道具のことを「ポイ」といいます。ポイには紙のものとウエハースのものがありますが、おすすめするのは紙のものなので、まずはなるべくそういうお店を選びましょう。 では、早速金魚をすくってみよう!・・・と言いたいところですが、ちょっと待って下さい。その前に作戦をたてましょう。今回の金魚すくいでは、たくさんの金魚をすくいたい?それとも、お家でしっかりと飼育したい? もし、たくさんの金魚をすくいたいのなら、水面近くの小さなおとなしい金魚をねらいます。お家でしっかりと飼育したいのなら、すぐに破れるのも覚悟で、元気な金魚をねらいましょう。

金魚すくいのコツ

1. ポイの裏と表を確認する

ポイを水につける前に、ポイの表と裏を確認します。 紙がはってある方が表で、金魚をすくうのは表側ですくいます。 裏だと、破れやすくなります。

1. ポイの裏と表を確認する

2.まずはポイの全面を水につける

ポイは一度全面をぬらした方が破れにくくなります。 よく、ポイの少しの部分だけを水につけてすくう人がいますが、これだとぬれている部分とぬれていない部分のさかい目が、破れやすくなります。

2.まずはポイの全面を水につける

3.ポイをななめにして水にいれる

紙の面に、なるべく水の力が加わらないようにします。ポイを水の中に入れる時と出す時は、斜めから出し入れするのを心がけましょう。金魚を紙の上にのせてもあわてないで、紙の上に水が残らないよう、ゆっくり斜めに引き上げましょう。

3.ポイをななめにして水にいれる

4.水の中ではなるべく水平移動で

これも、紙にかかる水の力をへらすためのコツです。
水の中では、なるべく水面と平行にポイを動かすことがポイントです。

4.水の中ではなるべく水平移動で

5.金魚を追いかけない

ついつい金魚をおいかけてしまいますが、上手な人は金魚の動きを読んで、無理なくすくえるところにくるまで、じっと待ちます。
金魚をおどかさないで、なるべく自然に接することが肝心です。

5.金魚を追いかけない

6.金魚の上半身をのせる

金魚は尻尾からではなく、頭の方から迎えに行きましょう。
このとき、なるべく尻尾を紙の上にのせないようにします。金魚があばれて、尻尾で紙を破ることがあるからです。

6.金魚の上半身をのせる

家に持ち帰ったら

GEXからのおねがいです。金魚すくいの金魚も、小さくたってまぎれもなく“生きもの”です。すくった金魚を持ち帰る場合は、きちんと育ててあげましょう。そのためには、しっかりとした飼育環境を整えておくことが大切です。
ジェックスでは、金魚の飼育に必要なものをまとめた飼育セット(詳細はコチラ)をご用意しております。
観賞魚を飼育される皆様へ

家に持ち帰ったら

ぼくの水槽づくり

ぼくの水槽づくり
サイズをシミュレーションしてみましょう。

  • キャンペーン一覧
  • 観賞魚情報ページ
  • アクアリウムリラクゼーション