top > 金魚の飼い方 > エサについて

金魚の飼い方エサについて

金魚の飼育で一番楽しいのがエサやりです。
馴れてきた金魚は人が近づくだけで「エサちょーだい!」とねだるようになり、大きな口でパクパク食べる姿はとてもかわいいものです。
しかし、金魚は雑食性でとても食いしん坊なので、欲しがるだけ与えてしまうと水が汚れる原因となります。水の汚れはさまざまな病気の原因になりますので注意が必要です。
そこで、水を汚しにくい成分のエサがおすすめ。毎日の金魚とのコミュニケーションを楽しみましょう。

エサについて

エサの種類

エサは金魚専用で売られてるエサなら何でも大丈夫ですが金魚の大きさによって粒のサイズを選んでください。金魚の赤い色を強調したいときは色揚げの表示があるものを選びます。ただし、一度色が赤から朱色に薄くなったものや地色が朱色の場合はそれ以上赤くはなりません。あくまで現状の赤色を維持したい場合に使用してください。

パックDEフレーク 金魚元気フード 40g パックDEフレーク 金魚元気 色揚げ用フード 40g パックDEフレーク 金魚元気 色揚げ用フード 52g パックDEフレーク 金魚元気 色揚げ用フード 220g
パックDEフレーク
金魚元気フード 40g
パックDEフレーク
金魚元気 色揚げ用フード 40g
パックDEフレーク
金魚元気 色揚げ用フード 52g
パックDEフレーク
金魚元気 色揚げ用フード 220g
パックDEフレーク 金魚元気 色揚げ用フード 220g
金魚元気
なかよしスティック


エサの回数

回数は朝、昼、晩の3回でもいいですし、朝、晩の2回でも、一日1回だけでも大丈夫ですが、毎日同じ時間に与え方が、生活のリズムが狂わず長生きします。だいたいの目安として金魚の頭(エラから先)の体積の半分くらいだと思ってください。
ただし、金魚の大きさや種類によって、よく食べる金魚、あまり食べない金魚がいますので、金魚の食べる様子をよく観察し、その金魚に合った与え方をしてください。
よく「5分以内で食べきる量」とか言われますが、エサを見つけるのが苦手だったり、食べるスピードが遅い金魚もいるので、時間で区切ってしまうより量で決めた方が無難です。
また「エサの量は魚の量ではなく水量で決める」という考え方もあります。食いしん坊な金魚にとって充分なエサの量を与えると水が激しく汚れてしまうため、水が汚れない程度の量を与えるようにしてください。

エサと水質

フィルターをセットしている水槽の場合、1〜2週間では水はそれ程汚れません。もし、2〜3日で白く濁るようでしたらエサの与えすぎです。
また、フィルターをセットしてから日にちがあまり経っていない時は、分解するバクテリアが少ないので同じく注意しましょう。
金魚がエサを食べなくなってしまったら、病気か水が悪くなった場合が多いですから、水替えをし、エサを控えて様子をみてください。

  • キャンペーン一覧
  • 観賞魚情報ページ
  • アクアリウムリラクゼーション