top > 金魚の飼い方 > 金魚がおうちにやってくる前に

金魚の飼い方金魚がおうちにやってくる前に

金魚が暮らしやすいおうち作り

金魚がこれから暮らすおうち(水槽)を、しっかりと快適な環境になるように準備しましょう。

準備しておきたいもの

おうちにやってくる金魚は、とっても疲れています。そんな金魚たちがゆっくり休めるように、金魚がおうちにやってくる前に必要なものを揃えておきましょう。

水槽

 

フィルター

 

エアーポンプ

 

フード

水槽   フィルター   エアーポンプ   フード
 
しっかりとお魚を飼うには絶対必要。少しでも大きい方がお魚には快適です。   魚の排泄物や食べ残し、水の汚れを分解してキレイな水にします。大きいスペースで飼う以外は絶対必要です。   水槽の中に酸素を送ります。音が気になる場合は、静音設計タイプがオススメ。   水汚れを抑えるものがオススメ。魚をキレイにしたり、産卵を考えたものを選びましょう。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら
 

カルキ抜き

 

底砂

 

プランツ

 

お掃除グッズ

カルキ抜き   底砂   プランツ   お掃除グッズ
 
水道水中の有害な物質を中和、無害化。できれば金魚、メダカ専用のものを。   好きな色、機能(水をきれいにする、コケを抑える)で選びましょう。   魚にやさしく、食べても安心。   専用のバケツ、クリーナーポンプ(水抜き)、コケ取り、フィッシュネットは、あると大変便利。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら

水槽

 

フィルター

 

エアーポンプ

水槽   フィルター   エアーポンプ
 
しっかりとお魚を飼うには絶対必要。少しでも大きい方がお魚には快適です。   魚の排泄物や食べ残し、水の汚れを分解してキレイな水にします。大きいスペースで飼う以外は絶対必要です。   水槽の中に酸素を送ります。音が気になる場合は、静音設計タイプがオススメ。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら
 

フード

 

カルキ抜き

 

底砂

フード   カルキ抜き   底砂
 
水汚れを抑えるものがオススメ。魚をキレイにしたり、産卵を考えたものを選びましょう。   水道水中の有害な物質を中和、無害化。できれば金魚、メダカ専用のものを。   好きな色、機能(水をきれいにする、コケを抑える)で選びましょう。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら
 

プランツ

 

お掃除グッズ

プランツ   お掃除グッズ
魚にやさしく、食べても安心。   専用のバケツ、クリーナーポンプ(水抜き)、コケ取り、フィッシュネットは、あると大変便利。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら

金魚のためにあったら快適!

照明器具

 

ヒーター

 

魚病薬

   
照明器具   ヒーター   魚病薬    
 
魚の一日のリズムを作るために必要です。省電力のLEDがオススメ。   電源を入れると金魚に適した18.5度に自動保温します。   いざという時のために定番の薬は常備しておくと安心です。    
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら    

照明器具

 

ヒーター

 

魚病薬

照明器具   ヒーター   魚病薬
 
魚の一日のリズムを作るために必要です。省電力のLEDがオススメ。   電源を入れると金魚に適した18.5度に自動保温します。   いざという時のために定番の薬は常備しておくと安心です。
>>詳細はこちら   >>詳細はこちら   >>詳細はこちら

水槽選びのポイント

水槽の大きさによって飼える魚の数が変わってきます。水槽が大きいほど、金魚にとって快適な環境になります。

水槽選びのポイント水槽選びのポイント 水槽は小さい物だと横幅30cm、大きな物だと90cmの物が一般的です。
金魚すくいですくって来た人は家に水槽の準備ができていない場合はなるべく大きな洗面器、あるいはバケツでその場をしのいでください。
でもそのままだと水の量が少なくて金魚は死んでしまいますので、次の日には水槽の準備をしてあげてください。

水槽の置き場所

金魚を入れる入れ物の設置場所について「日光の当たる場所」や「冷暖房が直接当たる場所」は避けて下さい。

>>水槽の置き場所について、もっと詳しくみる

水槽の置き場所

お店に行ってみよう

お店に行ってみよう

お店には便利な飼育用品や新しい商品がたくさん売っています。お魚を売っているお店なら、店員さんに魚のこと、商品のことを聞いてみましょう。

名前をつけよう

名前をつけよう

飼育するお魚の名前を一緒に考えましょう。
名前をつけて、お子様のはじめてのペットに。
そして、お子様がお世話をすることも大切です。
エサあげなどを毎日することで、小さな生き物との絆も深まります

人にもよく慣れます

人にもよく慣れます

一旦水に慣れてしまえばどの金魚でも飼いやすく、人にもよく馴れるので、はじめてのペットとしても最適です。

  • キャンペーン一覧
  • 観賞魚情報ページ
  • アクアリウムリラクゼーション

PAGE TOP