top > 金魚の飼い方 > 金魚について知っておこう

金魚の飼い方金魚について知っておこう

金魚について

金魚は川魚の「フナ」を人の手でキレイに美しく改良して生まれました。様々な色や、ヒレの形、体の形の金魚がいますが、もともとの「フナ」に近い金魚ほど丈夫であるといえます。一旦水に慣れてしまえばどの金魚でも飼いやすく、人にもよく馴れるので、はじめてのペットとしても最適です。

どれくらい
生きるの?

金魚の寿命は長く、大切に飼えば15年ほど生きるものもいます。

どれくらいの
大きさに育つの?

水槽のサイズが大きいほど金魚も大きくなります。種類にもよりますが最大で25cm程度です。

金魚の好きな
水温は?水質は?

今では暖かい地域で育った金魚も多く、冬場は保温してあげるのが理想。
日本の水はほとんどの金魚に適した水質です。

どうやったら
キレイに育つの?

栄養があり、色揚げ効果を持つエサは金魚の鮮やかな色を保つ効果があります。

金魚の種類は100以上!

金魚には、飼育の簡単な和金やコメットから、美しく育てる楽しみもあるランチュウやピンポンパールまで、100以上の種類があります。一般的に販売されているものだけでも30種類近くあります。

和金   コメット   ランチュウ   ピンポンパール
古くから親しまれてきた金魚の元祖。大きく成長し、10年以上生きる個体もいます。   アメリカ生まれの泳ぎの速い金魚です。和金と朱文金をかけ合わせてつくられました。   飼育は難しいのですが、「金魚の王様」と呼ばれて非常に人気の高い、愛好家あこがれの金魚です。   丸くて可愛らしい姿から、とても人気の高い金魚です。冬場は保温をしてあげるのが理想です。
 
流金   出目金   金魚の種類は100以上!
丸と三角の中間のようなぷっくりとした形と、美しいヒレで人気の高い金魚です。   黒出目金と赤出目金、三色出目金があり、大きく飛び出した目が特徴です。  

>> 金魚の種類について、もっと詳しくみる

金魚選びのポイント

初めて金魚を買うときは、どれを選んだらいいのか分かりにくいので、お店の人に聞くようにしましょう。何匹か買うときは、初めのうちは同じ種類だけにしておいた方がトラブルがありません。もし他の種類を揃えたいときは、できるだけ大きさが同じような金魚を選ぶようにしてください。どちらにしても、小さな水槽にたくさん飼うと、金魚たちは弱ってしまうので要注意です。
そして、できるだけ元気のいい金魚を選ぶようにしてください。

また、金魚すくいではじめて金魚を飼い始めた・・・という方も少なくありません。
ただ、夜店の金魚は輸送中に弱っていることも多く、飼い始めたのはいいけれどすぐに死んでしまったということにもなりかねません。
たくさんすくいたい場合は浮いている動きの弱い個体を選ぶのも手ですが、しっかり育てたいなら元気のいい個体をがんばってすくってください。

群から離れた金魚は要注意!   体型、各ヒレなどが左右対称であること!   ひれの根元に赤い斑点があるのは要注意!
1 群から離れた金魚は
要注意!
  2 体型、各ヒレなどが
左右対称であること!
  3 ひれの根元に赤い斑点が
あるのは要注意!
ひれの先や目に透明感のないものは病気かも?!   模様以外で体に傷や白い斑点がある金魚は避けよう!   管理の行き届いたお店で選びましょう!
4 ひれの先や目に
透明感のないものは
病気かも?!
  5 模様以外で体に傷や
白い斑点がある金魚は
避けよう!
  6 管理の行き届いた
お店で選びましょう!
  • キャンペーン一覧
  • 観賞魚情報ページ
  • アクアリウムリラクゼーション