観賞魚サイトHOME > WEBマガジン ジェクシースタイル > ジェクシースタイル VOL.03 > 第2章 水槽管理の手引き ヒーターの有効利用編

お魚飼育コラム ジェクシースタイル

ジェクシースタイルVOL03 読んで役立つ観賞魚の初めての冬越え

第1章 ヒーターの仕組みと金額編 第2章 ヒーターの有効利用編 第3章 観賞魚の病気と対策

第2章 水槽管理の手引き ヒーターの有効利用編

ヒーター以外のモノで、保温対策を行ったことはありますか?ヒーターだけで水温管理をしていると、1章でも紹介したように、電気代ばかりかかってしまいます。第2章では、色々な方法で保温をアシストするアイディアをご紹介致します。
アイディア NO.1
水槽と水槽台との間に断熱材を敷く。
断熱材は主に建物に使用されている素材ですが、断熱材は熱の伝導や放射を防ぐので、水槽の底面からの放熱対策として使用することができ、この方法で放熱を3割も減らすことができます。
また、発砲スチロールでも断熱は可能です。
その場合、水槽が不安定にならない素材のものを選びましょう。
水槽と水槽台との間に断熱材を敷く。
アイディア NO.2
GEXの省エネエコシートを使う。
水槽に巻くだけで水温を保つシートです。
周囲の環境に左右されにくく、夏期や冬期の急激な温度変化をやわらげるので、冷却器具やヒーター使用時の省エネにも役立ちます。

詳しくはこちら>>
GEXの省エネエコシートを使う。
 
アイディア NO.3
水換えの時に使用する新水を暖めておく。
季節が冬でも、天気の良い日に、新水を窓際に置いておくと、太陽の熱で新水を暖かくすることができます。そうすることで水換えをする時に急激な水温変化がなくなり、観賞魚にもヒーターにも効果的です。
水換えの時に使用する新水を暖めておく。 
アイディア NO.4
エアコンやストーブの熱を利用。
冬場は、エアコンや暖房を使用します。
水槽を置いている部屋を、エアコンやストーブの熱で暖めておくと、水槽の水温低下も和らげることができます。お店でもこの方法を使っている所が多いようです。
エアコンやストーブの熱を利用。
 
アイディア NO.5
すこし大きめのサイズのヒーターを使用する。
ワット数が大きいほど電気代はかかるはずですが、小さいヒーターと、スイッチのオンオフの回数を比較してみると大きいサイズの方がスイッチの入る回数が少ない事が分かります。電力は、スイッチを入れるときに一番負荷がかかるので、スイッチの入る回数が少ない大きいサイズのヒーターの方が、小さいヒーターよりも電気代がかからなくなるのです。
すこし大きめのサイズのヒーターを使用する。
 
覚えておきたい主な観賞魚と水温の関係
適切な水温管理をするためにも、観賞魚に適した水温とヒーターのサイズを飼育ガイドや専門店などであらかじ め調べておきましょう。
 
魚の名前 水温
グッピー 22~24℃
プラティ 22~28℃
ブラックモーリー 24~26℃
ネオンテトラ 22~27℃
ハチェット 23~26℃
ゼブラダニオ 20~25℃
スマトラ 20~25℃
クラウンローチ 22~28℃
 
魚の名前 水温
ディスカス 27~32℃
エンゼルフィッシュ 24~27℃
アロワナ 26~30℃
プレコ類 22~28℃
コリドラス類 22~25℃
ハプロクロミス類 22~28℃
グラミィ類 23~28℃
レッドテールキャット 25~30℃
 
水槽におけるヒーター仕様
 
ちょっとした工夫や予備知識を持っていると、今よりもっと効果的に水温管理ができるようになります。
これからの時期の水換えなどの時に、急激な変化(水温・水質)が起きてしまうと、観賞魚にどのような影響が、及ぶのでしょうか?次の第3章からみてみましょう。
 
 
BACK   NEXT