観賞魚 小動物 犬 猫 爬虫類 飼育用品 ジェックス株式会社

ジェックス株式会社

サイト内検索

トップ > GEX Rabbit Time > R083 [うさぎの体から考える(胃の異常)続編]

GEX Rabbit Time

R083 [うさぎの体から考える(胃の異常)続編]

うさぎコラム

2017年11月3日 08:00

 ストレスなどが原因で胃の運動性が低下した状態では被毛が胃内に滞り、急性あるいは慢性的な症状を引き起こす原因となります。ペットシーツやカーペットを飲み込んだときも量が多い場合やストレスが加われば同様のケースになることがあります。特徴的な症状はなく、通常は突然起こる食欲低下が唯一の症状であり、元気消失してうずくまっていることがあります。このような食欲の廃絶と元気消失が自然に治り、何度も繰り返すという場合もあります。大豆やマメ類に多く入っている酵素、ウレアーゼは尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解します。俗に言われます尿素中毒を起こし、急性の場合は脳神経麻痺を起こすことがあります。胃の内部はpH1~2と強酸性なのにもかかわらずピロリ菌は生きることができます。ピロリ菌は胃の粘膜に好んで住みつき、粘膜の下に潜り込んで胃酸から隠れています。そのピロリ菌はウレアーゼを生成し体の周りをガードするのです。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

24/118

関連記事

もっと表示

最近の記事

ジェックス本体サイト