観賞魚 小動物 犬 猫 爬虫類 飼育用品 ジェックス株式会社

ジェックス株式会社

サイト内検索

トップ > GEX Rabbit Time > R075 [うさぎの体から考える(胃腸うっ滞のメカニズム)]

GEX Rabbit Time

R075 [うさぎの体から考える(胃腸うっ滞のメカニズム)]

うさぎコラム

2017年9月8日 08:00

 吐き戻しができない胃と噴門へと通じる腸へは急な角度がついていることから毛球になる可能性が高い構造になっています。特に粗繊維含有量の少ない給餌をしているうさぎは過剰にグルーミングを行う傾向があります。これは粗繊維成分の牧草(チモシー)の代わりに本能的に摂取してしまい悪循環を招くことになります。またペレットフードを中心に給餌されているうさぎの胃内で形成される食物塊は粒子が細かく密度の高い圧縮された固い物となって胃酸が浸透しにくくなるのです。摂取した毛と合わさって大きな塊になるため、乾いた牧草(チモシー)など粗い繊維の給餌が必要不可欠になります。よって胃腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し、過剰なグルーミングを予防し胃内の被毛を排泄します。またうさ飼いさんにできることは適度なブラッシングと掃除をすることにより被毛を摂取する機会を減らすことが重要です。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

32/118

関連記事

もっと表示

最近の記事

ジェックス本体サイト