観賞魚 小動物 犬 猫 爬虫類 飼育用品 ジェックス株式会社

ジェックス株式会社

サイト内検索

トップ > GEX Rabbit Time > R092 [うさぎの体から考える(生きるための食餌と栄養を考える④)]

GEX Rabbit Time

R092 [うさぎの体から考える(生きるための食餌と栄養を考える④)]

うさぎコラム

2018年2月2日 19:00

うさぎにとって高濃度のタンパク質、低繊維の食餌は下痢の罹患率、死亡率を増加させる原因とされています。パスツレラ症(呼吸器疾患)は高タンパク質飼料の給餌により排泄物や呼気のアンモニア濃度上昇、空気中のアンモニア濃度上昇、結果鼻粘膜等の炎症に起因されると言われています。うさぎにとって高炭水化物の食餌は、消化によって産出されるグルコース(ブドウ糖)は大腸菌やクロストリジウム属など病原菌が繁殖しやすい環境をつくります。予防をするためには高繊維食(炭水化物含有量が少ない)で腸炎に対する防御効果を高めます。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

20/123

関連記事

もっと表示

最近の記事

ジェックス本体サイト