観賞魚 小動物 犬 猫 爬虫類 飼育用品 ジェックス株式会社

ジェックス株式会社

サイト内検索

トップ > GEX Aquarium Time > 【新商品】金魚水槽の水を汚れにくくする、新しいフレークフードの誕生です!

GEX Aquarium Time

【新商品】金魚水槽の水を汚れにくくする、新しいフレークフードの誕生です!

アクア製品紹介

2016年3月23日 12:49

3つの善玉菌が入った新しい金魚用フレークフード誕生!
みさなんこんにちは。ジェックスラボトリーの水谷です。

 この数年間、ジェックスラボラトリーではバクテリア技術を用いて「魚にとって快適で、きれいな環境づくり」を進めてきました。
そしていよいよ今年、「3つの善玉菌が入った”金魚元気プロバイオフレーク”」を開発、発売する運びとなりました!
3つの善玉菌の内訳は…①乳酸菌 ②納豆菌 ③酵母菌。乳酸菌は熱に弱いのでフード製造の途中段階では加工がしにくく、今までなかなかたどり着かなかった素材。また、納豆菌だけが入ったフードと違い、金魚のお腹にも作用するので健康維持にとっても役立ちます。納豆菌は糞と一緒に排出されてから、有機物(糞や汚れ)を分解します。酵母菌は様々な役割がありますが、乳酸菌や納豆菌を活性化してくれる役割があります。
 2015年に初めて3つの善玉菌を配合した粒フードを発売し、おかげさまで発売初年度からたくさんの方にお使いいただいています。金魚を飼っている方は金魚に名前をつけたり、とにかくかわいがっている人が多いと聞きますので、金魚元気プロバイオシリーズで金魚との暮らしがもっと快適になってくれていたら、本当に嬉しいです。

「水を汚さない」=人と魚の距離が近くなる
 ジェックスラボラトリーではフード開発にあたり、様々な検証をしています。特に重視しているのは嗜好性と成長率。そして、今回開発したプロバイオフレークのメインコンセプトは「魚にやさしく水を汚さない」こと。「水を汚さない」ということは、どちらかというと人間にとってメリットがありそうに聞こえますが、飼育水がきれいな状態であればあるほど、人と魚の距離が縮むのでは、と思います。汚れた水槽では癒されませんし、魚のことを気にかける気持ちになりにくいかもしれません。ですので私たちジェックスラボラトリーでは金魚の健康を第一に、そして「水を汚さない」ということにとことんこだわって研究開発をしています。


検証と結果
 開発を重ねる中で得られた結果は以下の通りです。
【濁りの発生度合い】
 無機物の濁りではなく、水質に起因するいわゆる微生物系の濁りを測定します。飼育開始直後は水質が不安定になりがちで、バクテリアが十分に発生していない、バランスが悪いなどの環境で「白濁り」が発生しがちです。この類の濁りは薬剤やフィルターでは除去しきれないので、飼育者の悩みの一つとなっています。
 濁度計による計測結果は従来品、3種類の市販品の中で最も濁りの発生が少なく、クリーンな状態を維持できました。また、市販品の中には濁り以前にエサから色落ちして飼育水が着色されるものもありました。濁りの発生度合いは人の目にもわかりやすいので、効果を実感いただけると思います。
【金魚の健康度】
 フード開発においては必ず生存率の試験を行い、その度合いを計測します。金魚元気プロバイオフレークは従来品、市販品との比較の中でもトップ。栄養成分をしっかりと確保しながら、水質への影響を抑えられた結果と考えられます。


昨年から人気の粒タイプに加えて、今回フレークタイプを発売。フレークタイプとしては初めての「スタンドパック」をラインナップ。詰め替えやエコの点から、飼育者の皆様からたくさんご要望いただておりましたが、ようやく開発にたどりつけました。


ジェックスラボラトリー 水谷 綾

金魚さんにも飼い主さんにも快適な毎日を。新しい金魚元気プロバイオフード、是非一度お試しください。

製品について詳しくはこちら

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ
  • 最後へ

27/56

関連記事

もっと表示

最近の記事

ジェックス本体サイト